CONTACT

SERVICE

パターンCAD室CAD Pattern Section

パターンCAD室

デザイナーの想いをカタチに。サンプル〜工業パターンを作成

各シーズンごとに展示会サンプルの製作を行います。プレタポルテでは生地を糸から作ることが多く、未知の素材を使った縫製工程には様々な問題が起こりがちです。これらの情報をお客様にフィードバックして修正・提案を繰り返し、最終的なサンプルを完成させます。その後、生地の伸縮や変形の仕方などを考慮し、量産に向けた工業パターンおよび、マーキングの作成を行います。

また、付属品の発注やビーズ付けや洗い加工など二次加工のハンドリングも担います。弊社の誇る技術力とノウハウをもってデザイナーの想いをカタチにし、ワンストップでお客様のご要望にお応えいたします。

生産管理システムProduction Control Section

生産管理システム

独自システムを駆使した生産管理体制で納期を遵守

早くから社内IT化を推進し、アパレル専用の生産管理システム(アベイル)と弊社のノウハウを組み合わせた独自システムを構築。生産スケジュールや日々更新される進捗状況を把握しながら生産管理を実施し、納品状況や付属類の受発注などのレスポンス情報をお客様へご提供いたします。

弊社が得意とするプレタポルテの場合、デザインの多様性と素材の物性変化とのバランスを考慮した工程管理が必要となります。
弊社は、これまで培ってきた経験と実績を生かし予測も含めた工程をシュミレーションした上で、サンプル作成からバルク納品まで確実な納期で対応いたします。

裁断部Cutting Section

裁断部

テクノロジーと職人技の融合で生地をベストな状態で裁断

反物状態の生地には大きなテンションがかかっています。巻きから解放された時、若干の収縮が起こりますが、熱を加えることで生地本来の状態に戻ります。これが「生地は生き物」だと言われる所以です。

弊社は手動延反ならではの手業とCADとのマッチングで、細やかな対応ができ伸縮性の高い生地にも対応いたします。さらにパネルカット後の全パーツを縮絨工程にかけ、その後再度重ね直しての精密裁断を行います。

各工程のプロフェッショナルが生地のコンディションを探りながら、縫製に入るまでの生地をベストな状態に整備します。

縫製部Sewing Section

  • 縫製部
  • 縫製部
  • 縫製部

高度な技術力を誇る多能工チーム制で、縫製から検品まで対応

1チーム、6~8名のライン編成でリーダーの指示のもと、1人のスタッフが複数の工程を担う多能工ラインで縫製を担当しています。少数精鋭のチーム制のため、受注に合わせて体制を整えることが可能です。

肩パットやギャザーなどの特殊ミシンをはじめ、ミシンやアイロンのアタッチメントも多数取り揃えており様々なアイテムに対応いたします。また、ミシン工程後の商品検査も縫製のことを熟知している縫製スタッフが厳しい目を持って実施いたします。
弊社は、日々、縫製技術の向上と多能工としての人材育成にも力を注いでいます。

主な設備一覧Equipment

  • 針送り本縫いミシン
  • 大釜針送りステッチミシン
  • 電子千鳥ミシン
  • 曲針メローミシン
  • 奥まつりミシン
  • 二本針角縫い付ミシン
  • 裾まつりミシン
  • ピンポイントミシン
  • 総合送りパイピングミシン
  • 肩パット付けミシン
  • 二本針ロックミシン
  • シリンダーヘッド両飾り偏平ミシン
  • 自動割りアイロン 等
主な設備一覧